こんにちは!大阪府羽曳野市に拠点を構え、近畿一円で活動を行っている株式会社敏建設工業です。
基礎工事・土木工事・解体工事などのさまざまな建設業関連の業務を請け負っております。
弊社は、社会の要請に応えるべく、丁寧で高精度な施工をこれからも続くけていく所存です。
近年では、解体工事の需要がかなり高まってきております。
その背景にあるものは、一体何なのでしょうか?
また、今後の解体業はどうなっていくのでしょう。
今回は建設関連で仕事を探されている方々に参考になるように、解体工事の仕事に関して紹介する内容になっております。
ぜひ、最後までご覧ください。

解体工事業が伸びてきた背景

日本は高度経済成長に伴って、1960年代から建設ラッシュとなり、高層ビルや分譲マンションなどが相次いで建設されました。
それから半世紀以上が経ち、現在ではその時代に建てられた建造物の老朽化が進んでいます。
各地で建て替えのための解体が行われて、解体ラッシュの波が近づいてきたといえるでしょう。

2022年以降、解体ラッシュが来る

一般の建造物だけではなく、さまざまな社会資本が2022年頃から急速に老朽化するとされています。
これらをすべてをリニューアルするためには、もちろん解体が必要です。
目立った老朽化はなくとも、IT化に対応するために設備を一新するビルなどにも解体が必要になります。
また、大地震などの災害に対する備えの意味合いで、耐震性を上げるための建て直しと、それに伴う解体工事も増加するでしょう。
このような点から、高度経済成長期に建てられたものを中心とした解体ラッシュがすぐそこまでやってきているのです。

少子高齢化が解体ラッシュを後押し

少子高齢化社会の次の段階として、団塊の世代が75歳以上になる「超高齢化社会」がもうすぐやってきます。
そうなると住宅がどんどん余って、ここでも解体ラッシュが予想されるでしょう。
これは戸建以外にも分譲マンションなども含みます。
空き家は犯罪の温床になるといわれており、周辺の住環境にも悪影響を与えます。
国が解体を推奨しているため、解体ラッシュは急速に進行するでしょう。
いずれにしても、解体業の需要が増加することは間違いありません。

【求人】敏建設工業では新規スタッフを募集中!

弊社では、事業拡大のため、一緒に働く現場スタッフ・事務員を募集しています。
経験・年齢は一切問いません。
安定して働きたい方には、安心の福利厚生や頑張りを給与で還元するなどの環境も整っておりますので、ご安心ください。
解体工事を通してご活躍頂ける場をご用意し、お待ちしております。
お気軽に求人募集ページからご連絡ください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


大阪府羽曳野市などの建設に関する解体・土木工事は(株)敏建設工業
業務拡大中につき、新たな現場スタッフを求人中です!
〒583-0867 大阪府羽曳野市河原城840-4
電話:072-959-9500 FAX:072-959-9501