こんにちは!大阪府羽曳野市を中心に、関西一円で活動を行っている株式会社敏建設工業です。
弊社は、基礎工事・土木工事・解体工事などの建設業関連の業務を請け負っております。
さまざまなお客様のニーズにお応えできるのが弊社の特徴であり、今後も地域の皆様に貢献できる工事をご提供いたします。
解体工は最近人気の仕事ですが、その魅力とは何でしょうか?
また、混同されやすい鳶職との違いとは何でしょうか?
今回は「解体工の仕事が持つ魅力!鳶職との違いも解説」のテーマで、解体工の仕事についてご紹介させて頂きます。

解体工の具体的な仕事とは?

解体工事は、解体工が人力で建物の部分を解体することもありますが、多くの場合はユンボなどの重機を操作して解体します。
重機を巧みに操作し、効率よく取り壊したり、持ち運びしやすい大きさに砕いたりします。
また、現場によっては特殊な重機を用いて解体する場合もあります。

解体工の仕事の魅力

多岐にわたる建造物や構造物をきれいさっぱり撤去する工程に関わることができることは、解体工の仕事の魅力の一つではないでしょうか。
建設に携わる方々には建造物を作り上げる喜びがあるといわれます。
一方、大切に使われてきて使命を終えた建造物を「安全に仕舞う」という仕事は、解体工にしかできないことです。
それが解体工の魅力の一つです。

解体工と鳶職人の違い

漠然としたイメージで鳶職人と解体工は同じという風に、誤解されることもあるようです。
鳶職人は建設現場において最初に足場を組んだり、鉄骨造の建造物において骨組みを組み立てたりします。
また、建物の内部に、作業に必要な大型の重機を据え付けるといった仕事も行いますので、建設現場に欠かせない重要な存在です。
もちろん、必要な資格も別のものになってきます。
このような点から、解体工とは全く異なる仕事だといえるでしょう。
ただし、鳶職人と解体工は仕事の中で接点がたくさんあります。
解体工事を行うためには、足場を組んだり粉塵が飛散するのを防ぐためのネットを設置したりしますので、この場面で鳶職人が活躍します。
どちらの仕事も魅力があり、また確かな技術や集中力が求められる仕事といえるでしょう。

【求人】敏建設工業では新規スタッフを募集中!

弊社では、今後の事業拡大のため、現場スタッフ・事務員を募集しております。
経験年数を問いませんので、未経験の方でも優秀なベテランスタッフがしっかりと教育指導いたします。
また、資格取得や日頃の頑張りを給与で還元いたしますので、ぜひ弊社で共に働きませんか?
ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。
お気軽に求人募集ページからご連絡ください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


大阪府羽曳野市などの建設に関する解体・土木工事は(株)敏建設工業
業務拡大中につき、新たな現場スタッフを求人中です!
〒583-0867 大阪府羽曳野市河原城840-4
電話:072-959-9500 FAX:072-959-9501